aboutsummaryrefslogtreecommitdiffstats
path: root/Documentation/ja_JP
diff options
context:
space:
mode:
authorTsugikazu Shibata <tshibata@ab.jp.nec.com>2013-07-25 09:17:23 +0900
committerGreg Kroah-Hartman <gregkh@linuxfoundation.org>2013-07-24 22:06:34 -0700
commit9b0ee8cf70457520c144e944bcf8df2324bad880 (patch)
treef0c9bb3f2403db26bd3c20bd02663ca6e34ff9ac /Documentation/ja_JP
parentdab9bf41b23fe700c4a74133e41eb6a21706031e (diff)
HOWTO ja_JP sync
Attached is Documentation/ja_JP/HOWTO sync patch for 3.10. This patch was reviewed by Japanese translation community called JF. Signed-off-by: Tsugikazu Shibata <tshibata@ab.jp.nec.com> Signed-off-by: Greg Kroah-Hartman <gregkh@linuxfoundation.org>
Diffstat (limited to 'Documentation/ja_JP')
-rw-r--r--Documentation/ja_JP/HOWTO44
1 files changed, 22 insertions, 22 deletions
diff --git a/Documentation/ja_JP/HOWTO b/Documentation/ja_JP/HOWTO
index 050d37fe6d40..8148a47fc70e 100644
--- a/Documentation/ja_JP/HOWTO
+++ b/Documentation/ja_JP/HOWTO
@@ -11,14 +11,14 @@ for non English (read: Japanese) speakers and is not intended as a
fork. So if you have any comments or updates for this file, please try
to update the original English file first.
-Last Updated: 2011/03/31
+Last Updated: 2013/07/19
==================================
これは、
-linux-2.6.38/Documentation/HOWTO
+linux-3.10/Documentation/HOWTO
の和訳です。
-翻訳団体: JF プロジェクト < http://www.linux.or.jp/JF/ >
-翻訳日: 2011/3/28
+翻訳団体: JF プロジェクト < http://linuxjf.sourceforge.jp/ >
+翻訳日: 2013/7/19
翻訳者: Tsugikazu Shibata <tshibata at ab dot jp dot nec dot com>
校正者: 松倉さん <nbh--mats at nifty dot com>
小林 雅典さん (Masanori Kobayasi) <zap03216 at nifty dot ne dot jp>
@@ -245,7 +245,7 @@ Linux カーネルソースツリーの中に含まれる、きれいにし、
自己参照方式で、索引がついた web 形式で、ソースコードを参照することが
できます。この最新の素晴しいカーネルコードのリポジトリは以下で見つかり
ます-
- http://sosdg.org/~qiyong/lxr/
+ http://lxr.linux.no/+trees
開発プロセス
-----------------------
@@ -253,24 +253,24 @@ Linux カーネルソースツリーの中に含まれる、きれいにし、
Linux カーネルの開発プロセスは現在幾つかの異なるメインカーネル「ブラン
チ」と多数のサブシステム毎のカーネルブランチから構成されます。
これらのブランチとは-
- - メインの 2.6.x カーネルツリー
- - 2.6.x.y -stable カーネルツリー
- - 2.6.x -git カーネルパッチ
+ - メインの 3.x カーネルツリー
+ - 3.x.y -stable カーネルツリー
+ - 3.x -git カーネルパッチ
- サブシステム毎のカーネルツリーとパッチ
- - 統合テストのための 2.6.x -next カーネルツリー
+ - 統合テストのための 3.x -next カーネルツリー
-2.6.x カーネルツリー
+3.x カーネルツリー
-----------------
-2.6.x カーネルは Linus Torvalds によってメンテナンスされ、kernel.org
-の pub/linux/kernel/v2.6/ ディレクトリに存在します。この開発プロセスは
+3.x カーネルは Linus Torvalds によってメンテナンスされ、kernel.org
+の pub/linux/kernel/v3.x/ ディレクトリに存在します。この開発プロセスは
以下のとおり-
- 新しいカーネルがリリースされた直後に、2週間の特別期間が設けられ、
この期間中に、メンテナ達は Linus に大きな差分を送ることができます。
このような差分は通常 -next カーネルに数週間含まれてきたパッチです。
大きな変更は git(カーネルのソース管理ツール、詳細は
- http://git-scm.com/ 参照) を使って送るのが好ましいやり方ですが、パッ
+ http://git-scm.com/ 参照) を使って送るのが好ましいやり方ですが、パッ
チファイルの形式のまま送るのでも十分です。
- 2週間後、-rc1 カーネルがリリースされ、この後にはカーネル全体の安定
@@ -302,20 +302,20 @@ Andrew Morton が Linux-kernel メーリングリストにカーネルリリー
実に認識されたバグの状況によりリリースされるのであり、前もって決めら
れた計画によってリリースされるものではないからです。」
-2.6.x.y -stable カーネルツリー
+3.x.y -stable カーネルツリー
---------------------------
-バージョン番号が4つの数字に分かれているカーネルは -stable カーネルです。
-これには、2.6.x カーネルで見つかったセキュリティ問題や重大な後戻りに対
+バージョン番号が3つの数字に分かれているカーネルは -stable カーネルです。
+これには、3.x カーネルで見つかったセキュリティ問題や重大な後戻りに対
する比較的小さい重要な修正が含まれます。
これは、開発/実験的バージョンのテストに協力することに興味が無く、
最新の安定したカーネルを使いたいユーザに推奨するブランチです。
-もし、2.6.x.y カーネルが存在しない場合には、番号が一番大きい 2.6.x が
+もし、3.x.y カーネルが存在しない場合には、番号が一番大きい 3.x が
最新の安定版カーネルです。
-2.6.x.y は "stable" チーム <stable@kernel.org> でメンテされており、必
+3.x.y は "stable" チーム <stable@kernel.org> でメンテされており、必
要に応じてリリースされます。通常のリリース期間は 2週間毎ですが、差し迫っ
た問題がなければもう少し長くなることもあります。セキュリティ関連の問題
の場合はこれに対してだいたいの場合、すぐにリリースがされます。
@@ -324,7 +324,7 @@ Andrew Morton が Linux-kernel メーリングリストにカーネルリリー
イルにはどのような種類の変更が -stable ツリーに受け入れ可能か、またリ
リースプロセスがどう動くかが記述されています。
-2.6.x -git パッチ
+3.x -git パッチ
------------------
git リポジトリで管理されているLinus のカーネルツリーの毎日のスナップ
@@ -358,14 +358,14 @@ quilt シリーズとして公開されているパッチキューも使われ
をつけることができます。大部分のこれらの patchwork のサイトは
http://patchwork.kernel.org/ でリストされています。
-統合テストのための 2.6.x -next カーネルツリー
+統合テストのための 3.x -next カーネルツリー
---------------------------------------------
-サブシステムツリーの更新内容がメインラインの 2.6.x ツリーにマージされ
+サブシステムツリーの更新内容がメインラインの 3.x ツリーにマージされ
る前に、それらは統合テストされる必要があります。この目的のため、実質的
に全サブシステムツリーからほぼ毎日プルされてできる特別なテスト用のリ
ポジトリが存在します-
- http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/sfr/linux-next.git
+ http://git.kernel.org/?p=linux/kernel/git/next/linux-next.git
http://linux.f-seidel.de/linux-next/pmwiki/
このやり方によって、-next カーネルは次のマージ機会でどんなものがメイン

Privacy Policy